Back to All Events

DANCE TEMPLE Special Version with Mishaal @ 原宿 Galaxy~Gingakei~

今年からデバダシスタジオで再開した、DANCE TEMPLE ダンステンプル。

今回は、ミシャールとのスペシャルバージョンです!

男性の方にもご参加いただける特別バージョン。
ぜひミシャールの表現や教え、何かダンスやダンス以外でも表現活動に携わっている方は、
ぜひお越しください。

特に何かダンスを教えてもらうわけではありませんが、
この集まりそのものがミシャールの考えです。

---

~全ての踊ることが好きな女性と男性にオープンです。
ぜひお友達を誘って一緒にお越しください!~

Dance Temple
ダンス テンプル
5/14 (日) 18:30-21:00
4500円

ダンステンプルとは、自由に流れる意識的なダンスの経験です。
私たちは私たち自身を自由にするために踊り、新しい領域を探究し、そして私たちの身体・神殿の神聖さと親しく交わっていきます。

ダンステンプルは、神聖な大いなる源と1つになるための中東やそれ以外の場所の、古代から伝わる数々の伝統的トランス(超越)やエクスタティック(恍惚とした)ダンスによる儀式にインスパイアされたものです。

私たちの暮らす今日のマルチカルチャーの世界においても、私たちは同じく自由を求め続け、内なる領域を探究し、自分たちが生きる世界と関係しながらもある程度に神聖なる源と一つになろうとしています。

トランスは私たちを深い内なる旅に連れ出します。それは思考をぼんやりさせることや、自分の体の外側での経験ではなく、このダンスの中で実際にはとても集中していて、ダンスを通して安全にそして簡単にそれを体験することができるという、スイッチが押されている状態です。

エクスタティックダンスは、神聖さを愛し尽くして身を委ねた時に沸き起こるものです。そして私たち自身を踊ることで音楽に与え切り、私たちはワンネス(神聖なる源と一つになること)と至福に到達します。

このトランス状態、エクスタティックで神秘な領域を探求するための伝統的な方法、伝統的ではない方法もたくさんあります。

ダンステンプルでは、音楽はサウンドスケープとしてセットされており、自分が自分のガイド・導くものとなります。

最高の経験をしていただくために、時間厳守でお越しください。
踊りやすい服を着てきてください。音がするものは一切つけないでください。
靴も脱いで。あなたの好きな方法でゆっくりとウォームアップをしていきます。
ダンスフロアでの会話は一切禁止です。
ダンステンプルの2時間前から何も食べないようにしてください。そしてアルコール摂取、喫煙もしないでください。踊る前、踊っている最中もです。

もし音楽が好きな音楽ではなかったり、休憩したい場合は、どうぞ壁側や角に移動して座っていてください。
踊っている人たちが自由に動けるスペースを保つために。

全てのダンサーの存在を心に留めておき、お互いに尊重するようにしてください。あなたは完全にあなただけで踊ることもできますし、もしくは誰かとお互いに踊ったり、コンタクトダンスをするのもいいです。ただし、お互いに望んでいる場合のみに限ります。ほとんどの時間を私たちは自分の内側の領域を探求するためにここにいます。

健康的なノンアルコールのドリンクを販売します。

帰りたい時にはいつでも自由にお帰りいただけます。

セッションの最後には、深いリラクゼーションの音楽へと変わっていきます。

このセッションは、踊ることが好きな、そしてダンスを通して別の領域を探求することが好きな、全ての女性と男性、全ての人に開かれています。

<<ダンステンプル参加方法>>
予約は不要です。当日直接会場にお越しください。
入り口にて4500円をお支払いください。

また、デバダシスタジオにて事前にご予約も可能です。期限は10日まで。
(お支払いとともに予約完了となります。)
メールでの予約は受け付けません。
4500円 

<<ダンステンプル 会場>>
Galaxy-Gingakei ギャラクシー~銀河系~
東京都渋谷区神宮前5-27-7-B1
http://www.thegalaxy.jp/

ミシャール-
1991年より東京のダンスコミュニティーにて活躍している。2007年にダンサーとして30周年を、講師として20周年を迎え、またエンターテイナーとしては完全に心地よくなることはなく、彼女の人生は、ベリーダンスの秘儀的(内なる・隠された)な教えを通して、年月を積み重ねた女性のためのスピリチュアルプラクティスを通して、しっかりとした滋養と気づき、深く、神秘的なものを味わい続けてきました。
2007年ごろから東京においてエクスタティックダンスのセッションをリードし始めました。ここ数年はあまりエンターテイメントとして踊ることはなくなり、女司祭の神聖なる官能性と神秘的な道に沿いながら、彼女は、彼女の旅を踊り続けています。

photo by: Hori